リツイートキャンペーン実施中!対象者に500円プレゼント!

【危険】株式会社Gizumoは「経歴詐称のプロ集団」 全ての闇を暴露します!

どーもへっぽこです

株式会社メイプルシステムズ、望月社長のあるツイートは業界を震撼させました。

みなさんご存知の通り、経歴詐称は我が国では犯罪です。
今回は事実も含めて徹底的に株式会社Gizumoという会社を調べてみました

へっぽこ

れっつごー

株式会社Gizumoの概要

会社名:株式会社Gizumo
代表者:井上 崇
設立:2015年
従業員数 :220名
資本金 :22,500,000円
事業内容:
⑴「システムエンジニアリングサービス事業」
⑵「システム受託開発」
⑶「Web制作」 
本社所在地:〒150-0002 渋谷区渋谷3-28-15渋谷S.野口Bldg.7階
ホームページ:https://gizumo-inc.jp/

へっぽこ

株式会社GizumoはSESを生業とする会社です。
SESの詳細は以下の記事をご覧ください。
【裏ワザ】中途未経験が簡単にゲームプログラマー・プランナーになれる方法

株式会社Gizumoの腐敗し切った闇

さっそくですが、ネタバレです。

 

 

 

 

 

 

株式会社Gizumoはヤバイ会社です

 

 

まず、以下のツイートの信憑性をネットで徹底的に調べてみました。

結果として、望月社長のツイート以外は情報らしい情報は出てきませんでした
こうなると望月社長の自作自演じゃないかと思うかもしれません。

しかしそのツイート、Gizumoの社員からのDM付きで情報発信がされているのです。

見方によってはこの程度なら偽装工作ができると思うかもしれません。

ただ、資本金1億円の会社の社長が自分より規模の小さい会社を攻撃するメリットがないですし、仮に訴訟問題に発展した場合、リスクしかありません。
そして、前述した通り、上記のツイートを否定する根拠はどこにもありませんでした。

 

 

よって、状況を整理し客観的に見ると、株式会社Gizumoは経歴詐称をしている可能性が高いということになります。

確かにPRタイムスをはじめ、Wantedlyなどを見ると「あれ?イケてる会社なのかな?」と勘違いするかもしれません。

参考 株式会社Gizumo、1億円の資金を調達PRタイムス 参考 株式会社GizumoのWantedlyページWantedly

ただ、これらはGizumoがお金を払って会社をアピールしてるに過ぎません。
メディアが大した商材も持ってないベンチャー企業を取り上げることはありえません。

そしてもう一つ、Gizumoの情報を付け加えさせてください。
実は僕、Gizumoと同じ業界営業をしています。

この騒動が起きる前から、うちの会社ではGizumoと関わるなと言われてました。
なぜなら・・

 

 

 

 

よくトラブルを起こす会社だと言われていたからです

 

僕は望月社長のツイートをみて思いました。
「あぁ・・こういうことだったんだな」と。

つまり、

 

 

未経験なのに経験者の経歴に詐称、取引先でエンジニアとして働き

 

 

当然仕事ができるわけがなく

 

 

血祭りに上げられるのです

 

今回記事を書く上で、Gizumoという会社をかなり調べましたが、この会社は完全にブラックです。
常識という名のモラルを逸脱し、社会のルールを尽く無視しまっくっています。

 

 

こんな会社潰れればいいのに

 

と思っています。
ちなみに望月社長のツイート以降、Gizumoを避ける取引先が増えています。

これは皆さんへの忠告です。

間違ってもこの会社へ入社してはいけません、人生の一部を無駄にしてしまいます。

 

前置きが長くなりましたが、これからGizumoの経歴詐称などの実態を説明します。

 

経歴詐称について

Gizumoに入社するとまず始めに研修を受けます。
研修のプログラムは短期長期選択します。
以下が短期と長期の違いです。

短期プログラム
3ヶ月以内に現場に入ることが目標。
自社でプログラミングの研修を受けるが、1ヶ月目無給なのがネック。
長期プログラム
携帯ショップで派遣として働き、空き時間で研修をしていく。
いつか現場に入ることが目標

研修が修了し、客先へ面談ができるようになるとGizumoから話が持ちかけられます

こうして、未経験者が面談を突破するため、経歴詐称のプロ、Gizumoが最後のQA研修を行うのです。

 

 

こうしてGizumoは未経験者を経験者として取引先で働かせ、私腹を肥やしていくのです。

 

ちなみに過去にGizumoで経歴を詐称して現場に入り、精神科に陥ったエンジニアがいました。

望月社長から経緯の画像でいただいたので公開します。
最終的にそのエンジニアは解雇通知を出され、退職することになったそうです。
ホントにゴミみたいな会社ですね。

また、経歴詐称がバレると「会社の信頼を傷つけた」として、減給と強制的な長期研修へ後戻りを余儀なくされるようです。
氏ねばいいのに。

待機中の給料について

SESでは待機という状態があります。
待機は現場に入らず、会社で待機している状態のことを指します。

つまり、面談を突破できず、現場に入れなかったら待機となります。
Gizumoでは待機になると強制的に休業扱いになります。
休業扱いになると総支給から4割引かれ、給料が6割の支給になります

ただ、休業状態は「使用者の責に帰すべき事由によるもの限定」で、現場に入れなかったら休業とみなす今回のケースは違法です。

参考:望月社長のツイートより

また、Gizumoでは研修中、交通費が一切出ません
面談へ行くための交通費も然りです。

社員を徹底的に人間扱いしないのが社訓のようです。

経歴詐称に対するGizumoの解釈について

望月社長のツイートがきっかけとなり、Gizumoの汚職が明るみとなったわけですが、Gizumoはどう思ってるのでしょうか。
一連の騒動の箝口令がリークしたようなので、原文のまま掲載します。
※非常に長いです。狂った奴ほど長文傾向にあります、やはり上は病気ということでしょうか。

 

Gizumo

この度Twitterによる一連の騒動について土曜日に説明会の実施を予定しておりますが、都合が悪く参加できない人もおり、会社としても見解を早めに出した方がいいという結論に至ったため、説明会に先んじてWorkplaceにて告知を致します。
本来であれば直接説明しないと理解できない法律の話等も出てくるのでテキストで伝えるのは適当ではありませんが、詳細説明や質疑応答については土曜日の説明会にて改めて実施するので何卒ご了承ください。
まずこの度は一連のTwitterの投稿により皆様に不快な思いをさせたこと、心配をおかけしたことを謝罪させてください。申し訳ありませんでした。
Gizumoでは人と社会的課題に対して貢献していきたいという思いが強くIT人材の不足、エンジニアになりたいという希望を持った子をできるだけたくさん受け入れて稼げるエンジニアにすることが使命だと思っていました。
そのためにSESというモデルが一番マッチすると思い「Giztech Pro」というサービスを主力事業にしてきました。(もちろんプロとしてお客様のニーズにこたえて成果を出すことは重要です。)
あくまでもGizumoで育った人がエンジニアとして社内受託開発をしたり、新サービスを立ち上げたり、有名な企業に転職したり、フリーランスになれたり、またはビジネスマンとして成功することに重きを置いています。
Twitterの投稿者は基本的にSESのいいところ悪いところを正直に発信して、「その中でもうちはクリーンにやってますよ」ということを謳ってTwitterで採用・集客をしているので根本的に向かっている方向性が違います。
私は正直、「SES業界が良く見られるようにするために」とか「SES業界の闇を是正していく」という考えはありませんでした。
むしろこの曖昧な業界をうまく使えば、エンジニアがどんどん実務経験を積み重ねることができるのではないかと考えていました。

 

【スキルシートについて】
基本的にSESは派遣、請負、準委任という3つの契約形態があります。Gizumoでは、主に派遣や準委任という契約を巻くことが多いです。しかし、本来この契約の場合、事前面談することは違法なのです。(面談をしてるクライアント側もしくは仲介会社です。今回のTwitter投稿主の会社も仲介業務もやってますね。。)
プロジェクト参画前に職務経歴書(以下、スキルシートと呼ぶ)を送ったり、プロジェクトマネージャーとの面談が設定されることがしばしばあります。面談の結果として採用されたり、されなかったりするわけですが、実はこの「派遣先企業(常駐先)が人の合否を決める」という行為も違法になります。(これは常駐先の現場の方も仲介会社もTwitterで投稿していた社長もわかってないんだと思います。)
しかし、商慣習としてそれが成り立っています。これはもちろん例のTwitterの会社でも同じフローです。
これは我々がGizumoを設立する前からそうでしたし、業界では暗黙のルールでした。
しかし「Gizumoは事前面談には行きません、スキルシートも送りません。」と言ってしまえば「じゃ他の会社さん当たります。」で終わってしまいます。仕事なんか来ません。
特に準委任契約は会社(常駐先)対会社(Gizumo)の契約になるので、誰が来るかではなくてどこの会社に発注するかだけが発注者側(常駐先)の権利です。つまり会社(Gizumo)の管理者が自社のエンジニアの誰をアサインするか決めることができます。
但し、人材を出す会社(Gizumo)は善管注意義務 (常駐先が求める要件を実行できる技術が伴っている人材をアサインすること。※民法第298条と第400条) は負っているのでもちろんスキル不足の場合はクレームが来ます。場合によっては損害賠償請求も来ますが、それは会社に対してですので、個人に何か責任があるわけではありません。
基本的に会社側(Gizumo)が責任を負うことになり、本人が経歴詐称とか言われることはありません。(こういったリーガルリテラシーがない方も現場にはいるので言われることもありますが、その際には会社側で対応します。)

 

【経歴詐称に関して】
そもそも面談すること自体が違法なので、スキルシートを送るという行為が発生すること自体が本来はないことです。でも実際は全てのSES会社で行なっています。ですのであくまでも面談と呼ばれているものは「商談」「打ち合わせ」という建前があります。一緒に行っているエンジニアも営業ということにしないとまずいわけです。(これもおかしな商慣習。) 本来は面談においてスキルのチェックをすることもNGです。「商談」「打ち合わせ」ですので営業も同席します。(うちの営業が同席する場合もあるだろうしパートナーの営業さんが同席することもあります。) 営業資料の開示の場であればよりアピールする必要はあると考えています。とはいえ特定の技術者の詳細なスキルシートを出すことは本来NGです。

そこで我々は、Gizumo全体の平均スキル感をスキルシートに記載して、だいたいこのぐらいのスキルレベルの人材がいるという形を取っています。(ロースキル、ミドルスキル、ハイスキルなど何パターンかでぼやかしてます。) すなわち詳細なスキルシートを出すことの方がリーガル的には危険です。そして、発注企業(常駐先)から技術者を指定することはできないので出したスキルシートとまったく違う人が来ても本来文句が言える立場でもないです。(とはいえ、それを言ってしまったら商売にならないので、業界の商慣習として普通に商談は行われています。)
上記のことからそもそも「経歴詐称」という事象が発生すること自体がありません。
※そもそもスキルシートを盛る盛らないの話をしている時点で法律のディテールを理解してない証拠ですが、Twitterやネットには本当の情報もあるし、嘘の情報もあります。
特にTwitterなんかは、ある人に有利な情報を流しビジネスにつなげるためのツールとして使っている人もいるので、ポジショントークとなっている場合が多いです。
今回の事案の情報をきちんと精査するには各省庁のHPや六法全書、裁判判例など正しいソースを調べる必要があります。

 

【でも結局現場で作業ができなければ会社としての信用を失うのでは?】
その部分は確かにその通りです。そのため教育チームにはエース級を投入していますし、教育に対してかなりのコストをかけています。またスキル不足や勤務態度を指摘されて契約解除になった場合は、別の人材をアサインしたり、次回で単価を安くしたりする企業努力はしております。
でも実際はスキルシートよりもその人の人柄や実際の働きぶり、業務スピードなど仕事で信頼を得るものであり、Gizumoで多くのそういった優秀な人材によってお客さんから増員をもらっています。会社としてそういうことをしている会社とは付き合えないというのであれば、まずはNGとされてる面談をやめた方がいいし、そんな会社なら無理に取引をすることはないと思っています。

 

【ここからはGizumoの話】
通常3か月研修を受けたという状態で入れる案件はありません。
あったとしてもギリギリテスト案件やヘルプデスク、たまに開発案件に入れることもあるくらいです。
しかしそれらは決して多い人数ではないし、開発ではない案件に入っても面白くなくて結局辞めてしまう人も多く、もったいないと考えています。
Gizumoの教育水準は非常に高くその研修を受けた子の方が絶対的にスキルが高いのに、他社のエンジニアと同じ案件に商談した際に、水増しされた経験の長さ (水増しは、都内に1000社あるSES会社のどこもやっている) でテーブルに乗れなかったり、面談で落ちたりします。(先述の通り、落とすのは違法です。)
上位の会社から「経験を少し長めに記載してください」と言われることも多々あり、
まずは、はったりかましても案件に入らなければ意味はない、入りさえすればクライアントもGizumoのエンジニアたちの良さをわかってくれるだろう、という考えが正直ありました。
実際にスキル不足で戻ってくるエンジニアはほとんどおらず、クライアントさんの満足度も業界内で高い方です。
なんとか開発レイヤーの案件から入って、実際に苦労しながら手を動かすことがエンジニアにとっては一番成長するだろうという考えもあり、スキルが足りなくてお客様からクレームが来たり、損害賠償などの事案が発生してもみんなのキャリアに傷がつくわけではないので、会社が一手に責任を負えばいいでしょぐらいの甘い考えもありました。

 

【今後の対策として】
但し、今回の件で大いに反省している点は、せっかくGizumoを選んで入社してくれた人が嫌な思いをしたり、悔しい思いをしていることも事実だということです。
今後この部分についても改善をしていくことは必要だと思っています。具体案についてはまだ検討中ですが、受託事業部を拡大して、社内にて研修後のエンジニアが実務経験を積める体制づくりをしたり、ロースキルでも入れる案件を増やすなどの営業努力や、自社サービスの開発など、会社として対策を実行していく予定です。

 

【待機費用に関して】
待機の場合、法令では正規もしくは有期雇用の場合は給与の6割を負担することになっています。4割引かれるわけではなく正規の法令に遵守した形になるのでご理解ください。
※労働基準法26条の休業手当を適用
今までは会社の認識違いもあり、待機中は会社に来てスキルアップに励んでもらいましたが、顧問社労士からの指摘を受け現在は自宅待機もOKということになりました。

 

【最後に】
本件についてこれ以上の拡大を防ぐためにも、今後は当該ユーザーに対してDM・リプライの送信はご遠慮いただければと思います。
重ね重ねになりますが、この度は皆様に多大なご心配・ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。

 

【備考】
現場から今回の件について聞かれた場合、「その件については会社側が回答することになっていますので、会社又は営業担当に直接問い合わせいただいてもよろしいでしょうか。」とご返答ください。
本件について皆様に不利益が生じることのないよう、会社として最大限尽力いたします。

参考 Gizumoの箝口令note

時間がない人のために、僕がわかりやすく3行で説明します。

経歴詐称はイケると思ってやった

事態が大きくなって反省をしなければいけない

これからも経歴詐称はやっていく

という感じです。
呆れて物も言えません。

おまわりさん、メディアの方々、この会社を隅々まで調べてくださいー

狂ったGizumoの経営陣を紹介

Gizumoという狂った組織を作り、多くの人を不幸にした経営陣晒し上げます
この人たちは犯罪者です。
お願いです、出頭してください。

あなたたちが消えれば日本はちょっぴり平和になります。

名前:井上 崇
役職:代表取締役CEO
略歴 :大学卒業後、個人投資家として株式投資を始める。24歳で独立系ヘッジファンドを設立し、ディーリング業務を展開。その後、企業のファクタリングやベンチャーキャピタリストとしてベンチャー企業に対する投資活動を開始し、スタートアップの企業を中心にハンズオン形態で経営資源も提供するスタイルを理念に投資。現在、数社の事業会社のファンダー。2015年に株式会社Gizumo設立、代表取締役に就任。

名前:坂田 聖史
役職:取締役CTO
略歴 :人材系ベンチャー企業にてエンジニア養成する人材開発事業の立ち上げに携わる。エンジニアの教育を行いながら受託開発を経験。自社サービスの設計・開発からローンチまで経験し、独立。その後、株式会社Gizumoの企業理念に共感し、ジョイン。現在、株式会社Gizumo取締役としてエンジニアの教育と主にPHPを使った受託開発に従事。

名前:古屋 淳史
役職:取締役/営業統括
略歴 :学生時代からベンチャー企業で人材管理・営業の仕事を行い、代理店営業では営業成績で県内1位になる。2012年に人材系ベンチャー企業に関わり法人営業の経験を経て、2015年株式会社Gizumoの取締役に就任。営業統括を担当。「人との出会いを大切にし、常に挑戦し続ける側でいる」を信念としている。

名前:大石 陽
役職:取締役COO
略歴 :20歳の時に米国ワシントン州へ留学。Pierce College、Saint Martin’s University卒業後、株式会社Gizumoに入社。ディレクター、バックエンドエンジニアを経て、経営企画としてビジネス職に転向。2018年12月に同社取締役COOに就任。採用人事、業務オペレーション改善、ディレクションなどを担当。

 

参考 株式会社Gizumoの経営陣株式会社Gizumo

 

一連のソース

記事を作成するにおいて、参考にしたソースを以下の通り記します。

 

参考 望月社長のtwittertwitter

まともな会社を選ぶ方法

Gizumoみたいな企業に入らないためにはどうしたらいいでしょうか。
一番良いのはプログラミングスクールに入り、スクールが選定した企業に入社することです。
プログラミングスクールとしても下手な企業を紹介し、スクールの評判を落とすのは避けたいので紹介先は慎重になります。

経歴詐称をして、自己嫌悪に苛まれながらエンジニアをするより、こちらの方がよっぽど健全です。
僕の知人はプログラミングスクールへ行き、今は悠々と楽しくエンジニアをやっています。

TECH::CAMP(国内最大級のプログラミングスクール)

TECH::CAMP
  1. 14,800円/月(月額)
  2. 1ヶ月目受講料無料
  3. 7日間無条件返金保証
  4. 教室かオンライン選択可能
  5. 質問回数無制限
  6. 幅広い学習が可能(Web系、AI、デザイン等)

 

無料体験会の申込みはこちら

 

DMM WEBCAMP(エンジニア転職成功率98%)

DMM WEBCAMP
  1. 15,500円/月(月額)
  2. 実務に近い実践的なカリキュラム(チーム開発/ポートフォリオ制作など)
  3. 教室使い放題、質問し放題
  4. 転職サポート
  5. 豊富な求人数
  6. 転職できなければ受講料全額返金

 

無料カウンセリングの申込みはこちら

 

TechAcademy(国内最大級のオンラインプログラミングスクール)

TechAcademy
  1. 99,000円/月(月額)
  2. オンラインプログラミングスクール
  3. 現役のプロが制作・開発を徹底サポート
  4. 第13回 日本e-Learning大賞 「プログラミング教育特別部門賞」受賞
  5. 就職サポートあり

 

無料体験会の申込みはこちら

 

ProgrammerCollege(完全無料プログラミングスクール)

TechAcademy
  1. 受講料完全無料
  2. 実際の現場で使える学習カリキュラム
  3. 就職するまでのサポートシステム
  4. 「平均内定数3.7社」「就職率96.2%」

 

無料体験会の申込みはこちら

まとめ

ただ思うんです、Gizumoって素敵な組織だなって。

「敵を欺くにはまずは味方から」これを体現した日本の第1人者なんです。

彼らには深く敬服し、祝福しなければなりません。
そこでへっぽこ、Gizumoさんにお手紙を書きました。
恐らくどれだけへっぽこがGizumoさんに敬服しているかがわかるかと思います。
とても恥ずかしいのであまり見ないでください///

 

それではこれから益々のGizumoさんの経歴詐称を祈って・・

 

 

 

また次の記事でお会いしましょう。

ワンクリックでランキングに協力してください(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です