米がファーウェイに制裁措置!一連のニュースを時系列でまとめてみた!

2019年5月25日現在、アメリカ政府ファーウェイに対して制裁措置を取り続けています。
一体何が原因でこんな事態に発展しているのでしょうか?

時系列にニュースをまとめてみました!

そもそもファーウェイとは?

ファーウェイ(ファーウェイ・テクノロジーズ)は、中華人民共和国深圳市に本社を置く通信機器メーカーです。スマートフォンを生産・販売しており、通信機器メーカーとしては世界第2位の会社です。近年では世界初の5Gに対応した商用端末「HUAWEI 5G CPE」・チップセット「Balong 5G01」を発表し、通信業界を大きく牽引する流れを作っていました。

しかし懸念点もあり、2012年にアメリカ議会「ファーウェイの通信機器には情報を書き換えたり、盗み取れるような機能がある」という報告書が提出されました。
真偽はともかく、ファーウェイは中国企業であり、中国政府所有物となります。
仮にアメリカの通信業界でファーウェイが覇権を取った場合、中国はアメリカに制裁措置で政治的に有利に立つことができます。アメリカはそれを恐れたため、今回の事件に繋がったと思われます。
後述しますが、アメリカに続いて他の国もファーウェイに対し制裁措置取っています
それだけ中国が通信業界で覇権を取ることを恐れているということでしょう。

ファーウェイ崩壊の始まり、CFOがカナダで逮捕され米国送還へ(2018年12月)

2018年12月1日、カナダ司法省は5日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)創業者の娘で同社最高財務責任者(CFO)兼副会長の孟晩舟氏をカナダ西部ヴァンクーヴァーで逮捕されました。
これは中国に大きく影響を与え、中国だけではなく、全世界に波紋を呼んだ。

なお、2016年以来米国当局とHuaweiの緊張は高く、米中貿易戦争の過熱とともに悪化している。2018年8月、ドナルド・トランプ大統領は国家安全保障を理由にHuaweiおよび同社のライバル中国企業ZTEの製品およびサービスの政府機関での利用を禁止する法案に署名した。また米国議会は、カナダのジャスティン・トルドー首相に宛てた最近の書簡で、カナダが5G計画からHuaweiを排除するよう 働きかけた。

そもそもこのファーウェイCFOの逮捕理由は米国の対イラン貿易制裁違反の疑いである。
一部の見方では5Gで業界を牽引する恐れがあるファーウェイに対し、米国がその動きを排除しようとする目論見とされている。

トランプ大統領が安全保障リスクある外国通信機器の使用を米企業に禁止と発表(2019年5月)

2019年5月15日、ドナルド・トランプ米大統領は、国家非常事態宣言を出し、安全保障上のリスクがあると見なされた外国製通信機器の米企業による使用を禁止した。これは中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)を狙った措置とみられた。

グーグルがファーウェイとの取引を停止(2019年5月)

2019年5月20日、トランプ大統領の発表を受けて、グーグルがファーウェイとの取引停止を発表した。
これによって今後、発売されるファーウェイの新製品にグーグルが開発する基本ソフト「アンドロイド」の更新版が使えなくなる。ファーウェイは「既存のスマートフォンやタブレット製品のすべてにセキュリティーアップデートとアフターサービスを提供し続ける」と発表した。

日本企業がファーウェイとの取引を見送りへ(2019年5月)

日本携帯大手3社がファーウェイの新作製品発売を見送り

5月22日、KDDIソフトバンクは5月下旬に予定していた中国Huawei製の新型スマートフォンの発売を延期すると発表した。NTTドコモも今夏に発売を予定していた新製品の予約受付を停止した。
KDDIは、2019年夏モデルとして用意していた「HUAWEI P30 lite Premium」の発売時期を5月下旬から時期未定に変更。同社はITmedia NEWSの取材に対し、「現在、Huawei製品に関するドナルド・トランプ米大統領の発言や、Googleの対応などの事実確認中で、製品の発売に関して判断ができていない状況。総合的に判断して発売延期を発表した」とした。
ソフトバンクも「Y!Mobile」ブランドから「HUAWEI P30 lite」を24日に発売する予定だったが、延期すると発表。同社は「HUAWEI P30 liteが安心して提供できる状況か、また販売による影響を確認中であり、発売延期を発表した。発売時期は未定」とした。
ドコモは「HUAWEI P30 Pro HW-02L」を今夏に発売する予定で、22日午後1時時点では「発売延期、発売中止を検討中」としていたが、22日午後5時過ぎに予約受付を停止すると発表した。

パナソニックがファーウェイとの取引を中止

5月23日、パナソニックはHuaweiに卸している同社製品について、規制にかかる製品があれば取引を中止する方針だと明らかにした。

アマゾンジャパンがファーウェイ製品の直販を停止

5月24日、アマゾンジャパンはファーウェイ製のスマートフォンの直販停止した。
ただし、個人や業者が出品する「マーケットプレイス」では購入可能だが、製品ページに「本製品はOS等についての懸念が発生しています」と注釈を付けている。

イギリス企業がファーウェイと取引中止へ(2019年5月)

英携帯大手EEがファーウェイの5G技術を採用しないことを発表

5月22日、英携帯大手EEは国内初の第5世代(5G)移動通信ネットワークの提供を月内に開始すると発表した。ただ当初の計画とは異なり、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ、Huawei)の5G技術は採用しないという。

英半導体企業Armがファーウェイとの取引中止へ

5月22日、ソフトバンク傘下の英半導体企業Armも、米商務省による規制に従って、中国Huaweiとの取引を停止すると、入手した社内メモに基づいて報じた。
BBCによると、Armは社内メモで従業員に対し、Huaweiとその関連企業との既存の契約サポート停止するよう指示したという。商務省の規制は米国企業が対象で、Armは英国企業だが、Armの半導体設計には“米国原産技術が多く含まれるため”と説明している。
Huaweiは傘下の半導体メーカーHiSiliconで「Kirin」ブランドの独自プロセッサを製造しており、21日に日本でも発表した新端末「HUAWEI P30 lite」などもKirinを搭載している。Qualcommなどからプロセッサを購入しなくてもスマートフォンの製造を続けられるが、KirinはArmの技術をベースとしている。既に発売したデバイスについては問題ないが、新たなプロセッサの開発難しくなる
ArmはBBCに対し、声明文で「Armは、長年のパートナーであるHiSiliconとの関係を重んじており、この問題に関する迅速な解決を望んでいる」と語った。
HuaweiはBBCに対し、「我々はパートナーとの緊密な関係を大切にしているが、政治的な決定の結果として、パートナーが受けている圧力を理解している。この残念な状況は解決できると確信しており、世界レベルの技術と製品を世界中の顧客に提供し続けることを最優先にしていく」という声明文を送った。

ファーウェイがSDカードやWi-Fiの標準化団体から追放へ(2019年5月)

5月25日、ファーウェイはSDアソシエーションから除名されたことが明らかとなった。
今後の同社のスマートフォンでは、microSDカード使用できない可能性がある。
SDアソシエーションは、SD製品の規格を管理する非営利団体。その管理対象にはフルサイズのSDカードからスマートフォン向けのmicroSDカードまでが含まれており、それらカードを読み込むポートデザインにも及んでいる。本協会のメンバーでない企業は、正式にSD規格をうたった製品の製造および販売はできなくなる
また、無線LAN製品の規格を管理する業界団体Wi-Fi Allianceが、ファーウェイを「一時的に制限した」と表明した。
加えて、半導体技術の標準化を進めるJEDEC「米政府による制限が解除されるまで自発的にJEDECへの加盟を停止することを決定したと通知した」と述べた。

これらの動きにより、ファーウェイはSD規格をうたった製品の製造および販売はできなくなり、WiFiアライアンスが取り仕切る新規格などの策定に参加できなくなる

中国がアメリカの制裁措置に反撃!(2019年5月)

中国、レアアースの対米輸出制限を示唆

中国国営メディアは5月29日、同国政府が米中貿易戦争での米国への対抗措置として、レアアース(希土類)の輸出を制限する可能性に言及する報道を行った。レアアースは、スマートフォンからテレビ、カメラ、電球といった無数の製品の製造必須とされる17元素を指す。世界のレアアースの95%以上を産出しているのが中国で、米国はレアアース輸入の80%以上を中国に頼っている。

「信用できない」外国企業のリストを近くに公表することを公言

中国政府は「信用できない」外国企業リストを近く公表する方針を明らかにしました。アメリカによる「ファーウェイ」への圧力に報復する狙いです。
中国商務省は、信用できない企業には中国企業への物品供給停止したり市場のルールを毀損するなどした外国企業や組織が含まれるとしました。具体的な企業名リスト入った場合どのような措置が取られるのかなど詳細については近く発表するとしています。アメリカ政府が中国の通信機器大手「ファーウェイ」への制裁措置を発動したことを受け、中国政府はハイテク製品に使われるレアアースのアメリカへの輸出停止を視野に入れています。

まとめ

以上が現在話題になっているファーウェイのニュースのまとめです。
当記事も進展があり次第、随時情報を追記していきます。

ワンクリックでランキングに協力してください(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です