【売上/評価】今週の人気ゲームソフトランキング【5.06-12】

前回は「Days Gone」がぶっちぎりの1位!
今週は一体どうなってるでしょうか!?
では今週のゲームソフトランキングもいってみましょー!

今週のゲームソフトランキング(5.06-12)

1位:Days Gone(ソニー)  

 

 

Sales
週間売上本数:11,988
累計売上本数:160,183

About
種類:プレイステーション4
ジャンル:アクション
値段:5,907円
公式:https://www.jp.playstation.com/games/days-gone/entrance/
Amazonレビュー
191レビュー: 3.3 out of 5 stars (3.3 / 5)
【★3.0】『惜しい、そんな感じ。』
目立つ欠点があるわけではない。グラフィックはとても綺麗だった。
問題なのはそれ以上の褒め言葉をパッと続けられないことだ。
まず主人公が没個性の量産型である。きっと全てのプレイヤーが「どこかで見たことある気がする」と感じる見た目と設定だろう。顔つきや体格はエディット不可。
まあそこは着せ替えや会話の選択で各プレイヤー独自の主人公像を作り上げていけばいいーーと思いきやそういう要素はぞれほどないらしい。ストーリー重視のオープンワールドRPG、ウィッチャー3スタイルか?
いやいや主人公の設定がガチガチだったウィッチャー3でさえ選択次第で冷徹なプロ・軟派野郎・顔は怖いし口も悪いがお人好し、と個性を出せたはずだ。
デイズゴーンの主人公はいかにもハリウッド的ステレオタイプな影のある髭男でしかない。
またそれならそれで大人しく「この見た目でこういう性格の主人公」のための物語に没入したいのだが、行く手を阻むのは中途半端なサバイバル。四角ボタン長押しでタラタラとモーションを再生した後やっと開くボンネット、もう一度四角を押して拾うのは「スクラップ」という雑すぎる名称のアイテム。
ここはもう少し「ケーブル」「ギア」「ネジ」「ヒューズ」等のバリエーションを持たせて欲しかったところ。そのほうがサバイバル感とボンネット宝箱をオープンする楽しみも増える。
また、弾は節約すべきなのだろうとモンスターには格闘戦を仕掛け、撃ってくる敵にのみこっちも銃を使ってみた。死体から弾は拾える。だが服やその他の装備品は放置。サバイバル舐めてんのか。
まとめると「RDR2に憧れてるのかな?」ってゲーム。主人公のどこかで見たことある感の正体はそれだ。

②【★1.0】『こんなのだとは思わなかった…』
発売前のトレーラーを見て
ワクワクした人、そしてこれから購入を
考えている人は少し待った方が良いです
何故なら操作性や当たり判定
色々含めてあんな華麗な動きは出来ません
実際は主人公がもっさりとして動きが悪く
敵のスピードはあんなもんじゃないです
更に洋ゲーにありがちな銃の当たった感がない
爽快感の感じられないタイプのゲームです
まずテストプレイしたのか?
と言える程細かい所に疑問を感じます
人が話をしてようが次のイベントに入ると
他のキャラが声を被せて来るので
字幕なしだと何を言ってるかわからなくなります
チュートリアルに入る瞬間にも
キャラが構わず話を始めるので例えば
「こんにちは」というセリフがあるとすると
「こ(チュートリアル開始)んにちは」
と何とも気持ちの悪い感じになります
ストーリーを少し進めると
ある男のラジオが始まるのですが
そのラジオが始まった瞬間
セリフ以外の音がなくなるバグが2度ありました
ゲームを一度終了するまでこのバグは
直ることはなかったです
何とも迷惑なラジオを流してくれるもんです
何より気持ちが悪いのは処理落ちの酷さ
オープンワールドという壮大さを
一気にダメにする部分だと思います
フリーカー(ゲーム内のゾンビの名称)に
終われていると処理落ち
バイクで森を駆け抜け処理落ち
ドラム感を爆破させて処理落ち
PS4でこのカクカク感は酷い
これGTAの様にPS5で再発なんて
ふざけた事を考えないか心配です
まだ序盤なので完全に評価を固めるには早いので
今後追加をしていく予定です
現時点での評価としては
「購入を考えているなら待つべき」
「初回購入特典はゴミ」です。

追記
たまの休みにゲームをやろうとするとアプデ…
毎度待たされるのはイライラします
これもはや未完成品発売してますよね
フルプライスで発売してるなら
ちゃんと完成品を発売して下さい
購入を考えている方は更に待つべき要素が増えました

2位:大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(任天堂)

 

 

Sales
週間売上本数:10,086
累計売上本数:3,076,992

About
種類:ニンテンドースウィッチ
ジャンル:アクション
値段:6,506円
公式:https://www.smashbros.com/ja_JP/
Amazonレビュー
2070レビュー: 3.7 out of 5 stars (3.7 / 5)
【★5.0】『文句のつけようがない』

とりあえず一通りやってみてキャラもちょっと増えたくらいなのですが、
この時点で楽しくて仕方ない。
オンライン大戦でのわちゃわちゃ感、
勝ち上がり乱闘でのネタの仕込み具合、
灯火の細かさ。
恐ろしく作りこまれてるのに、とりあえずガチャガチャやっても十分楽しめて
操作感感覚を思い出すたびに、うまくなった実感が楽しくて。
この冬で最高のソフトになることは間違いないでしょう。

②【★1.0】『ネームバリューの上に胡坐をかいた史上最大のクソゲー』

スマブラは64世代ドンピシャでそこそこプレイしてきましたが、今作は歴代最低のクソゲーです。
Wii版、3DS版の時にも多少劣化を感じていましたが、今作は劣化の域ではないです。
例えるならば高級フレンチに馬糞を混ぜ込んで客に提供したような、そんな作品です。
まずWii版の不満に関してはただ一点、スマッシュボールの追加です。スマブラに求めてるのは一発逆転じゃないんです。地道にヒットを重ねた上での勝利が気持ちいいんです。
他に追加された要素といえばストーリーモードに拡張とかですが、こちらはそこそこ楽しめていたので、キューブ版との優劣はつけられないです。
3DS版(WiiU版でもありますが)の不満は単にゲームバランスの調整の甘さです。
発売直後から不満が噴出して、友人とたまにやってたくらいなので、他はよくわかりませんが、ちゃんとゲームでした。
さて今作。上記の不満点の濃度を100倍にして詰め込んだような酷さです。
一点目に上げたスマッシュボールへの不満。これを100倍ってどういうことかというと、一発逆転レベルの鬼畜火力を備えているアイテム、ギミックが大量増加されたことです。
画面のほぼ半分への確死攻撃や、地上にいる限り永久に連撃ハメしてくる半無敵のサポートキャラ(飛び道具持ち)、先にダメージ与えた人の味方になる無敵のキャラがステージに突如出現するなど。
格ゲーとしてはステージがある程度広い中でアイテムやギミックの出現位置はランダム。確実に運ゲー要素盛沢山になっています。
二点目に上げたゲームバランス調整の甘さ。こちらについては養護しようがないレベルで一切のゲームバランス調整を行っていないと断言します。そうじゃなかったら個人かチームかは知りませんが、バランス調整担当者は狂人です。
キャラ同士のバランス調整はそこそこやってるかもしれません。まだ解放しているキャラが少ないのでなんとも言えないのが正直な感想です。
ただ、当たり判定が広いキャラ、異常に狭いキャラが存在し、体感できるレベルでDPSにも格差があります。
あと、全体的に硬直時間が大きく、無敵時間が短いです。過去作の感覚で瞬間回避してもほぼ被弾するので、モーション見て回避もしくはガードという選択ができず、「たまたまガードしたらたまたま防げた」という機能に成り下がっています。
マップ、アイテムの調整の甘さについては上記の通り、不満しかありません。
ストーリーモードですが、こちらが調整において最大の不満点です。ステージコンセプトが悪いにしても調整のしようがあるのではと思わざるを得ません。ステージコンセプト企画、デバッグ担当、レベルデザイン担当、一回でもプレイしてみたのでしょうか。
最初に難易度を三段階で選べるのですが、難易度とかそんなレベルの問題じゃないです。
半数以上のステージにおいては適切な難易度選択していればおおよそ攻略はできると思います。
一部のステージにおいては実力云々の以前に完全に運ゲーと化しており、何度も繰り返してたまたまCPUが特定の動作をしなかった時だけ勝ち筋が見える、といった最低最悪のシステムになっております。
例を上げると、
サポートキャラの時間消滅するという特性をなくしたほぼ最強性能のサポートキャラを従えたCPUとストック1で戦うステージ。
サポートキャラに捕まると大量にダメージ蓄積されるので空中に逃げながらCPUを狙いに行くわけですが、その間CPUは地面に出現するアイテム(上記の通り壊れ性能が大量に増加)をヒョイヒョイ拾って使ってきます。
何周もしてたまたま強いアイテム拾って勝てましたが、難易度どこいった?状態です。
あとはプリン3体で永久に睡眠ハメされるなど。一回もアクションできずに死ぬことすらありました。
二度とプレイしたくありません。
最後に一点、どうしようもない点を上げます。
オンラインのシステムが致命的に悪いです。
全員が高速回線を持ってたり、LAN内やローカルのみで対戦する場合はストレスなくプレイできます。
ですが、回線弱者が一人いるだけで全員がめちゃくちゃカクつきます。どれだけストレスになるか想像に難くないでしょう。
1vs1ならともかく、複数人参加のオンラインゲームで、しかも低速のポケットwi-fi、テザリングが横行しているこの時代で、子供がプレイするようなタイトルで、「回線弱者はプレイを控えてね」ができると思いますか。無理でしょ。
複数接続前提のオンラインアクションゲームに完全同期型処理で設計しちゃダメでしょ。なぜ非同期で設計しなかったのか。
こんなことは1年web開発をした程度の開発者でもわかることです。おいくらで仕事しているんでしょうか。年収300程度のエンジニアでもそのくらいちゃんとできます。天下の任天堂様がそんな安く人使うとは思えませんけど。
ストレスがたまりすぎてめちゃくちゃ長文となってしまいましたが、そのレベルで今作はひどいです。
友達とプレイしててもイライラして、楽しいどころか仲が険悪になります。
諸々の理由のせいかはわかりませんが、爽快感が全くないです。たぶんもう起動しないと思います。
ダウンロード版で購入して失敗しました。正直1000円の価値もありません。
客にデバッグさせないでくれ。金払ってストレス貯めるってなんなんですか。
最近のコンシューマーゲームはオンラインアップデートできるからってリリース時の出来の悪さが目立ちます。
全体的に猛省してほしい。あまりにもひどい為公式にもクレーム入れるつもり。

3位:マリオカート8 デラックス

 

 

Sales
週間売上本数:8,431
累計売上本数:2,295,735

About
種類:ニンテンドウスウィッチ
ジャンル:レース
値段:5,396円
Amazonレビュー
総559レビュー: 4.4 out of 5 stars (4.4 / 5)
【★4.0】『みんなでやってこそのマリオカート8』

最新のマリオカートはとにかく映像が綺麗。
操作も簡単で、初心者でも気軽に楽しめます。
ただ、やり込み要素は少なく、コースをクリアすると新しいカートのパーツが手に入ると言ったもので、さほど頑張る気になりません。
後どのくらいやればコンプリートできるのか、後どのくらいパーツがあるのかなど目標が見えるとやる気が出るかもしれません。
1人で楽しむゲームではなく、みんなでワイワイ楽しむゲームへと成長してきたのだと感じました。

②【★3.0】『アイテムのバランス。』
家族でやるゲームとして購入。
安定した楽しさです。
ただアイテムの偏りが酷すぎるw
逆転のチャンスを演出するためかレース後半のトップイジメが笑えるレベルですね。
10位ぐらいのキャラが1位を攻撃してなんの意味があるのか?
最近はアイテム無しで子供とやることもしばしば…
次回作はその辺のバランスをしっかりやって欲しいです。
他は言うことなし!

4位:Minecraft(日本マイクロソフト)

 

 

Sales
週間売上本数:10,509
累計売上本数:748,009

About
種類:ニンテンドウスウィッチ
ジャンル:アクション
値段:3,253円
Amazonレビュー
142レビュー: 4.3 out of 5 stars (4.3 / 5)
【★5.0】『みんながハマる理由が分かりましたw』
7才の息子が欲しいというので購入したのですが、
正直、「こんな粗いポリゴンのゲームのどこが楽しいんだ!?」っと、
数年前からスルーしていたのですが、
いざ、息子と一緒にプレーしてみると、これがまた楽しいw
「ちょっと素材が足りないから手分けして集めよう!」とか、
「どんな感じの家にする?」などなど。
普通のゲームと違い、自分で目的を考えて実現していくという、
子供の想像力を膨らませる意味で考えると知育玩具的な発想に、
ちょっとしたゲーム性を付け加えたような楽しさが味わえますね。
上下画面分割だと少し見難い欠点はありますが、
二人プレーがとにかく楽しいゲームです。
是非、親子で遊んでみて下さい。もちろん親もハマりますw

②【★4.0】『やれることが多い』

別にやりたい未発売のゲームがあり、先にスイッチに慣れておこうと
つなぎにマイクラを購入したつもりでしたが予想以上にはまってしまいました。
(購入後の課金をしなければ他のゲームより安目なのもいいと思いました。)始めに安全確保して拠点を作っていたら思った以上に時間が経過していました。
目的のために単調な作業も苦にならず、熱中してしまう方は時間を忘れて楽しめると思います。
四角いブロックでできた世界の見た目が気にならなければ、
世界は広く、前情報が少なければその分新しい発見にワクワクしますし、
プレイしている方の動画を参考にして冒険したり何か作ってみるのも楽しいと思います。
不便なことやヒヤッっとすることが多々ありますが、そういうところがまたリアルで良いですね。
(ゾンビ等の意思疎通のできない敵意を持った相手とはリアルでまだ出会ったことはありませんが)
平和なマイクラを楽しみたい方は設定で難易度等の調整もできるので安心です。
☆を1個減らした理由として、
PC版をプレイしてる方の動画のように動物を増やそうとして狭い範囲で200匹くらいにしたら
読み込み範囲内にいると重くなって壊したブロックが消えなかったり置いたブロックが消えたり
アイテム欄を開くのに時間がかかったり歩いててもカクつくようになりました。
スイッチだとそこそこのPC程のスペックは期待できないので生き物の増やしすぎには注意が必要かもしれません。

5位:Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス(任天堂)

 

 

Sales
週間売上本数:7,274
累計売上本数:611,390

About
種類:ニンテンドースウィッチ
ジャンル:アクション
値段:5,405円
Amazonレビュー
138レビュー: 4.1 out of 5 stars (4.1 / 5)
【★5.0】『Switch版でプレイ出来る嬉しさ!』

WiiU版もプレイ済みです!

簡単に良い点・イマイチな点をまとめました!

【良い点】
●最大4人での協力プレイ可能!
WiiU版にあったAssist Mode(Wii U GamePadを使ったサポートプレイ要素)はありませんが、Joy-Conのおすそ分けプレイによる最大4人での協力プレイが可能です!
みんなでワイワイ遊ぶことも可能になりました!

●携帯モードで寝転びながらプレイ!
すごい時代になりました…
テレビでみんなでワイワイやるのも良し、携帯モードで寝転びながら楽しむのも良し。
最新・大人気機種であるSwitchでプレイ出来る点も嬉しいです。
どんな状況でも、楽しく快適にマリオブラザーズを楽しめます!

●WiiU版の追加コンテンツがはじめから付属!
ルイージが主役の『New スーパールイージ U』が、『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』では予め収録されています。
『New スーパールイージ U』には本編と同じ数の全82コースが収録されており、この1本で2本分のボリュームを遊ぶことができます!

●マリオ・ルイージ・キノピオ以外のキャラも!
WiiU版では、マリオ・ルイージ・キノピオの3キャラクターのみ操作出来ました。
このSwitch版では、「トッテン」と、「キノピコ」がプレイアブルキャラクターとして選択可能です!
また、キノピコはアイテムによって、ピーチ姫そっくりのキノピーチにも変身可能です!

●一人プレイ時のキャラ選択が可能に!
一人プレイ時、マリオ以外のルイージやキノピオ、キノピコ、トッテンも選択可能に!

●ボタン配置を設定可能に!
ポーズメニューから、ボタン配置を変更できるようになりました。
操作方法のカスタマイズができるようになり、自分のやりやすい操作方法で遊ぶことができます!
【イマイチな点】
●移植版なので大きな変化はない…
あくまでWiiU版の移植版ということで、安定したフレームレートや新キャラクター、HD振動以外には、新しいものはほとんどありません。
リメイクではなく小規模なリマスターです。
もちろん、今作が初プレイの方は全く問題なく楽しめます!

【まとめ】
今作はWiiU版の移植版ということで、WiiU版をプレイ済みの方には、あまり新鮮味は無いと思います。
ただ、最新・大人気機種であるSwitchでプレイできるというのが何よりの強みです。
また、Switchの強みである携帯モードで、手軽にどこでもプレイ出来るのは嬉しいです。
プレイする度に、『こんな単純な横スクロールなのになんでこんなに面白いんだろう?』とよく考えます(笑)
長文を最後まで読んでいただきありがとうございました!
ご参考になればとても嬉しいです!

②【★1.0】『1.0WiiUと同じ…^^;』

Newとあったので新しいステージ!!と思い買ったのですが、WiiUと全く変わらないステージ…
細かい説明があったのか分かりませんが、ホームページなど見ても分からず新しいステージがあると思い購入してしまいました…
プレイヤーなど変化したところがあるのでしょうが、ゲームマニアという訳では無い一般家庭でなおかつWiiU版をやっていたうちの家庭ではガッカリでした。
発売日初日なのに手放すことを考えております。

まとめ

今週の売上1位もDays gone。ゴールデンウィークでかなり販売台数を伸ばしたようです。
次週もその勢いをキープできるか楽しみですね。
では今週はここまで、また次週~

ワンクリックでランキングに協力してください(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です