リツイートキャンペーン実施中!対象者に500円プレゼント!

英語の履歴書の書き方について

英語の履歴書の書き方について

英語の履歴書に正解のフォーマットはありませんが、よく使われている形式はあります。
ここでは実際に自分が使った英語の履歴書を元に、1つ1つ説明していきます。
まずは僕の英語の履歴書を見てください。順番に説明していきます。

名前や住所などの項目

画像のように、個人情報を入れていきます。日本と違うのが住所が真逆になっているところです。英語の場合、「建物名」→「丁目・番地」→「町」→「市」→「県」という順番になります。

OBJECTIVE(志望動機)

志望動機です。英語の履歴書は基本的に主語(IやWeなど)を省きます。従って僕の履歴書もSeekingから始まっています。また、志望動機は日本でもそうですが、わかりやすく簡潔にした方がいいです。

QUALIFICATIONS(能力・経験)

能力や経験です。僕の場合はイベント・講座の企画を2年4ヵ月していたことやワード・エクセルが使えることをアピールしています。

WORK EXPERIENCE(職務経験)

「QUALIFICATIONS」でも職務経験を記入しましたが、ここでは主に詳細実績を記入します。
僕の場合はどれくらいの受講生をマネジメントしたか、どれくらい売上をあげたかなどを記入しています。

EDUCATION(学歴)

学歴です。大学のみで結構です。

SELF PROMOTION(自己PR)

この項目は僕が追加したのですが、基本的に英語の履歴書はフォーマットが自由です。従って、追加したい項目があればしても大丈夫です。僕の場合は自己PRがないと履歴書として魅力がないと感じたので入れてみました。また、自己PRに関しては主語を使っても大丈夫です。

まとめ

以上が英語の履歴書の書き方です。自分の使っていた志望動機も置いておくので、よかったら参考にしてみてください。

英語履歴書フォーマット

書類選考から内定までの転職活動の全てをまとめた記事

[blogcard url=”https://heppoko-neet.com/2019/02/19/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%85%A8%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D%E3%80%90%E5%BF%9C%E5%8B%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E5%86%85%E5%AE%9A%E3%81%BE/”]

 

 

ワンクリックでランキングに協力してください(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です