新卒26才が会社を辞めてITベンチャーに転職するまでの流れ【転職活動体験談】

僕は新卒で地元のカルチャーセンターで2年4ヵ月働いていたのですが、去年の7月末、「ゲームプランナー」になりたいという理由で会社を辞め、転職活動を始めました。
しかし、結局はITベンチャーの営業の仕事をすることに決めました。
そこまでに至った経緯を時系列で説明します。

最初はお祈りが続いた

特に転職の準備をしていなかったので、最初はお祈りが続きました。転職エージェントに登録し、「10社ぐらいの応募でみんな受かっているので2、3ヵ月頑張りましょう」みたいなことを言われました。「転職って余裕なんだな」と甘く見てたのは覚えています。
しかし、結果は惨敗。50社ぐらい面接にも呼ばれず書類選考で落ちました。11月に始めた転職活動は気づいたら12月になっていました。かなり焦りました。焦りから、ゲームプランナー以外の業界・業種を受けてみることにしました。

色々な業界・業種を受けてみることに

僕自身、ゲーム以外にも多くの興味があります。例えば英語を話せるので英語を活かせる仕事、旅行やアニメなどの趣味に関わる仕事。
だからまずはテレビ業界ADにチャレンジしてみました。だって少し面白そうだもん。
結果、実際に面接で業界の話を聞いてみて「ないな」と思いました。だって、ゴールデン番組もたされたら月に2,3回休みがあるとか言われますもん。正直テレビ好きじゃないので内定出ましたが辞退しました。じゃあなんで受けたんだって話ですよね。
でも、実際に面接で話してみないと業界や企業のことってわからないんです。これ本当です。

精神的に追い詰められていく

テレビ業界から次の業界にシフトしたのが12月中旬。すでに転職活動から1ヵ月半が経過していました。そして、応募先がほとんど東京なので、面接に行くだけで2万円は消えていきました。失業手当がもらえるのは2月末まで。みるみる減っていく貯金。決まらない就職。マジで精神的にやばかったです。飲まないとやっていられなかった。
でも、“落ちるのが当たり前”と開き直ってからポジティブになり、選考が進むようになりました。

自分の中の譲れない条件を決めた

僕の中で「転職するなら前職より良い条件の会社に就職する」という命題がありました。何かしら前よりよくないと転職をした“意味がない”からです。僕は年収が320万以上の会社、年間休日が120日以上の会社を軸にして、テレビ業界以降転職活動をしました。ゲームプランナーになるという目標はここらへんから脱線していきました。
そこから色々な会社を受けました。
メーカーの海外営業。旅行代理店の海外営業。スマホのゲームプランナー。ITの営業。ゲーム配信の会社。アニメ会社の広報などなど。

様々な業界・業種を受けてみて思ったこと

色々なところを受けてみて思ったことがありました。「自分って将来何がしたいんだろう」って。色々の会社に受けたからかもしれません。
偶然ゲームプランナーの書類選考が通り、面接に行きました。そしてゲームプランナーの業務や大変なところを聞かされました。そして思ったのが「こんな大変な仕事をして給料高くないのは嫌」ということでした。そして改めて思います。僕は何がしたいんだろうと
そして、一つの結論にたどり着きます。「自分の力で飯を食っていける人間になりたい、そうなれるようにキャリアを積みたい」と。これには理由があります。老後が不安だからです。今の時代、終身雇用など確立されていません。だから本業が危なくなったときでも食っていけるように自分の力で飯を食っていけるようにしたいのです。
また、もともとこのブログを始めたのも“お金目的”です。全ては自分の力で飯を食っていけるようになるため。
だから、これから選ぶ本業も自分の力で飯を食っていくをつけれるような会社を選びたいと思うようになりました。あと、休みが多いところ。副業に割く時間が欲しいから。

内定が3つ出た

外資系のメーカー営業、IT系ベンチャー営業、ゲーム配信の会社。3つの内定が出ました。
そして結局、早期で出世の可能性があり、様々なチャレンジができるIT系ベンチャーの会社を選ぶことにしました。子会社を設立するとき、社長になれるかもしれないっていうメリットもありますし。
安定なら外資系でしたが、やっぱり今後のキャリアを考えてIT系を選びました。
ゲーム配信の会社は、転職活動をしていた当初だったら選んでいたでしょうね。でも休みと年収少ないですもん。結局ゲームは趣味で作っていれば満足するということに気づきました。これも転職活動をしなかったらわからなかったことです。

おわりに

初めての転職活動。年末年始を抜いたら、実質転職活動をしていた期間は3ヵ月でした。転職活動は苦しかったですけど、色々な企業を見ていて刺激になりましたし、面白かったです。思ったことはやっぱり、色々な企業を受けてみてよかったなということです。たぶん100社ぐらいは応募したと思います。
はじめは「ゲームプランナー」になりたいと思っていても、多くの会社を比較してみたら、案外違う自分が見えてきました。だから、「自分のキャリアはこうだ!」と明確な目標をもっている人も、一度立ち止まって他を見てみるのもありかもしれません。他と比較してもなおそこに行きたかったらそれは“本物”ですし。
色々紆余曲折はあったものの、最後はとても満足しています。
さて、来月からは初の一人暮らし&上京です。はっきり言いますが東京は嫌いです。一番就職を避けたかった所です。でもやりたいことがあるなら仕方ありませんね。はぁ、頑張りますか。
では、以下に自分の転職活動のノウハウを記した記事があるので、転職活動をされる方は参考にしてみてください。転職活動は誰でも大変です。あまり気を張り詰めず、のんびり頑張りましょう。
では、お疲れ様でした。

 

ワンクリックでランキングに協力してください(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です