アマゾンの新規出品の流れと解説 後半【輸入ビジネスブログ】

こんにちはへっぽこです。
前回アマゾンの新規出品の流れと解説をさせていただきました。
今回も前回の続きをお話しさせていただこうかと思います。今回はFBAからのお話です。それ以前の説明は前回の記事をご覧ください。

では始めさせていただきます。

アマゾンFBAの流れについて

商品情報の登録を済ませたら次にFBAの設定をします。FBAの利用をしない人はセラーセントラルの「設定」→「配送設定」から自己発送の設定を行ってください
では説明に入らせていただきます。まずセラーセントラルの「在庫」→「在庫管理」を選択します。在庫管理画面が表示されたら以下のチェックボックスにチェックを入れます。

チェックを入れると画面上部のボタンが「選択中の○○商品を一括変更」という表示に切り替わります。クリックし、「アマゾンから出荷」を選択します。

「アマゾンから出荷」を選択すると、在庫管理画面のフルフィルメントの項目がアマゾンに切り替わります。確認してください。

次に納品プランの作成に移ります。セラーセントラルの「在庫」→「FBA在庫管理」を選んでください。選ぶと先ほど「アマゾンから出荷」にした商品が表示されているはずです。
また同じようにチェックボックスで一括選択し、次は「在庫商品を納品/補充する」を選択します。

選択すると以下の画面が表示されます。内容を確認し、問題なければ「はい、続けます」をクリックします。

クリックすると以下の画面が表示されます。

設定する項目は以下の通りです。

①発送元住所
②梱包タイプ
③納品する数量

②の梱包するタイプに関しては、段ボール1箱に異なる商品がそれぞれ入っている場合は「個別の商品」、段ボールの中身が同じ商品で構成されている場合は「メーカー梱包」を選択します。設定が終わったら「続ける」のボタンを押します。
ボタンを押すと以下の画面が表示されます。

設定項目は以下の通りです。

①梱包要件
②誰が梱包準備をしますか?

①の梱包要件は商品の梱包条件にあった項目をそれぞれ選択します。出品者が梱包を行う場合は入力しなくて結構です。
②は出品者かアマゾンのどちらかが梱包を行うか選択する項目です。アマゾンにした場合、手数料が発生します。また、輸入代行会社に代行をお願いしている場合は出品者にしておきましょう。
設定が終わったら「続ける」のボタンをクリックします。ボタンをクリックすると以下の画面が表示されます。

画面が表示されたら入力内容を確認し、商品に貼り付けるラベルを印刷します。輸入代行会社を利用する場合、ラベルのデータ(PDF)を送る必要があります。ダウンロードして輸入代行会社に送付しましょう。
続けるボタンを押すと以下の画面が出ます。

問題なければ続けるを押してください。
ボタンを押すと以下の画面が表示されます。

輸入代行会社から「SKUリスト」を求められている場合はSKUリストをダウンロードし、輸入代行会社に送付してください。
次に各フィルメントセンターでの納品の編集に移ります。上の画像では合計3回の納品の編集が必要になり、3回行うことで、すべての商品を納品することができます。これは商品カテゴリーによって納品倉庫が違うためです。
「納品作業を続ける」のボタンを押すと、以下の画面が表示されます。

設定項目は以下の通りです。

①配送業者
②どのように梱包しますか?
③輸送箱重量(kg)
④梱包箱の寸法(cm)

①はどの配送業者を使ってFBA倉庫に納品するかの設定項目です。輸入代行会社を使っている場合は、代行会社にどの配送業者を使うか聞きましょう
②は輸送箱の梱包についてです。
③と④は輸送箱の重量と寸法になります。

全て入力し終えたら、画面下にある輸送箱の「配送ラベルを印刷」というボタンをクリックし、輸送箱に貼り付けるラベルを印刷します。輸入代行会社を利用している場合はラベルを送付しましょう。
以上が終わったら「クリックをすると納品が完了します」のボタンを押し、納品作業は終了となります。アマゾンのフィルメント倉庫に商品が到着し、受領が完了されると、自動的に納品された数の商品が在庫に上がります。

まとめ

ここまで前半・後半に分けてアマゾンの新規出品の流れについて説明してきました。
細かく説明しきれていない部分もあると思いますので、わからない場合は当ブログの問い合わせ、またはアマゾンのテクニカルサポートにご連絡ください。
では今日はここまで。
お疲れ様でした。

 

ワンクリックでランキングに協力してください(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です